ビルジャックとは

ビルジャックおすすめ商品&給餌量計算

ビルジャックの原材料について

  • 原材料の鶏肉とは?

    ビルジャックは、たんぱく質源として、新鮮な鶏の生肉を使用しております。
    弊社の鶏肉は、他社から仕入れず弊社専属の養鶏場の鶏肉のみを使用しております。もちろん人間が食べられる品質のものだけであり、鶏一羽一羽に個体識別番号が付けられています。お客様に胸を張って、ヒューマングレードだと言うために、専属の養鶏場を持っております。他社から仕入れることは一切致しません。
    100g当たり約80gもの新鮮な鶏の生肉を使用することで、高い嗜好性を実現しています。
    安心・安全、そして美味しいドッグフードをご提供します。

  • 原材料の鶏の副産物(アルギニン源である鶏肉の内臓のみ)とは?

    ビルジャックの重要な原材料の一つとして、鶏の副産物があります。
    ビルジャックに入っている鶏の副産物は鶏の内臓のみです。
    ワンちゃんは元来肉食動物です。
    野生の肉食動物は、まず草食動物の内臓を食べます。
    草食動物の内臓には、肉食動物が消化吸収できる状態になった草や野菜、穀物が含まれており、これらが肉からは得られない糖分や食物繊維、ビタミンやミネラルとなるのです。
    また、腸内環境を整える生菌も一緒に摂取することができます。
    お肉だけでは、たんぱく質以外のこういった栄養素が足りません。

    人間も同じく鉄分等をとるために、内臓であるレバーを食べるのと同じことです。

    副産物というのは、正肉以外の全ての部分を指します。
    副産物の入ったドッグフードは良くないというお声をいただきますが、これは事実ではありません。
    副産物が悪いのではなく、副産物に含まれるクチバシやトサカなどが悪いのです。
    副産物は、栄養価の高い内臓を含め、そういった栄養価の低い部分も含まれているので誤解を生んでしまうのが理由です。

    ビルジャックの原材料である『鶏の副産物』には、鶏の内臓しか含まれていません。

    栄養価が高い内臓は、ワンちゃんのフードに非常に重要な栄養素です。

  • 原材料のとうもろこし、オートミールとは?

    ビルジャックの原材料には、炭水化物源として、とうもろこしとオートミールを使用しています。
    肉食動物とはいえ、ワンちゃんは炭水化物を必要とします。具体的には、炭水化物に含まれている糖分や食物繊維を必要とします。これは哺乳類全体に必要な栄養分であり、たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル、水を必要としています。ただし、それぞれの動物によって、必要としている栄養素それぞれの割合が違うのです。
    またとうもろこしは、米などの炭水化物と比べ、低い血糖指数を有することが分かっておりますし、オートミールには、他の穀物や野菜と比べて食物繊維が豊富に含まれているだけでなく、ビタミンやミネラルなども含まれています。
    ビルジャックは、“選んで”とうもろこしとオートミールを使用しております。

    ドッグフードへの穀物は必要な栄養分ではないというお声をいただきます。
    理由は、肉食動物であるワンちゃんは炭水化物を分解する酵素を持っていないため、栄養分を吸収することが出来ず便として出てきてしまうというご指摘や、分解・消化できず大きな粒子のまま吸収しようとするので、アレルギー反応が出てしまうといったものです。

    これらはある意味真実ですが、ビルジャックには全く当てはまりません。

    ビルジャックは、肉食動物が分解しづらい複合炭水化物を使用せず、単一炭水化物にしております。つまり、最初から分解する必要がなく、しっかりと吸収できる状態にしているのです。また単一炭水化物なので粒子が細かく、アレルギー反応も心配いりません。

    一般的なドッグフードに含まれている炭水化物は、複合炭水化物が使用されているため、先に述べたような「消化しづらい」や「アレルギー反応がでる」と言われてしまう所以なのです。

    安易に原材料だけを見て良し悪しを判断するのではなく、作り方や保存方法などワンちゃんの口に入る時に安全・安心なものなのか、ワンちゃんの身体の中に入った時に十分に栄養素を得られるのかをこだわったフードがビルジャックなのです。

  • ビルジャックがこだわっている酸化防止剤について

    ビルジャックのドッグフードの最も多い原材料は鶏肉となります。
    他社と違ってビルジャックは加工された鶏肉ではなく、直接、専属の養鶏場の鶏肉を使用しています。
    ビルジャック独自の作り方(アミノヘルス製法)により生食に近いドッグフードを作ることができます。
    ビルジャックの原材料は全て加工されたものではなく本物の原材料を使用しています。皆様がお家で使う材料と同じです。脂に関しても、製造中に鶏肉から得られる脂そのものを使用しています。そのため、作りたての美味しさと栄養素を保持するために酸化防止剤(プロピオン酸ナトリウム、混合トコフェロール、BHA、ローズマリー抽出物)を使っています。

    BHAを使わず、天然の酸化防止剤だけを使用しているフードもあります。
    ビルジャックは生食に近いドライドッグフードの為、天然酸化防止剤以外にもBHAをあえて使用しています。
    ビルジャックにも天然の酸化防止剤である混合トコフェロールやローズマリー抽出物が含まれていますが、天然の酸化防止剤のみでドッグフードの脂の酸化を予防することは難しいと考えております。脂が酸化し過酸化脂質を常食する方が、逆にワンちゃんの発がんリスクを高める可能性がや、ワンちゃんの健康に害を与える可能性があると考えています。

    BHAはフードに含まれている脂の酸化を防ぐために使用されております。これは皆様が使用しているバターなどにも使われています。コンビニエンスストアの食べ物などに使われている防腐剤等と同じものです。
    BHAが発がん性物質であると、よくネット上等で書かれていますが、それはラットに対して基準量の500倍以上のBHAを投与し続けた結果、ラットの前胃が発がんしたという実験に基づいております。ペットフード安全法にも基準量が決められております。人間や、馬、犬、ネコなどの前胃を持ってない生き物に関しては発がんを認められておりません。

    何を与えるかではなく、どれくらいの量を与えるか、天然の原材料だけで作られたものが安心なのか、ワンちゃんが摂取する時、そして消化・吸収する時に自然なものになっているのかどうかが、重要であると考えています。

    ビルジャックの高い品質と栄養価を保つことによって、ワンちゃんに美味しく、安全に食べてもらえるために、厳選した酸化防止剤を使用しているのです。

ビルジャックの栄養について

  • ビルジャックの高消化な炭水化物とは?

    ビルジャックの炭水化物源は、専属の農場から得られるとうもろこしを使用しています。
    安さではなく品質にこだわる為に、遺伝子組換されたとうもろこしは使用しません。

    一般的なドッグフードには、複合炭水化物が使われます。これは、私達が食べる穀物と同じ形であり、でんぷんや糖分、食物繊維が連なっている炭水化物になります。これは、本来肉食動物であるワンちゃんには、分解しづらい栄養源となります。
    ただし、炭水化物が分解された栄養分である糖分や食物繊維はワンちゃんにとっても重要な栄養素になります。
    ビルジャックのとうもろこしは独自の製造方法により「複合炭水化物」ではなく、「単純炭水化物」にします。
    単純炭水化物にすることによって、肉食動物が分解する必要なく、消化・吸収できる炭水化物となります。

  • ビルジャックの天然の脂肪酸とは?

    ビルジャックの原材料に脂が使われておりません。
    脂肪成分が入っていないわけではなく、後から添加された脂ではなく、原材料である鶏肉や亜麻仁から製造工程で得られる天然の脂肪酸のみです。

    ビルジャックは、一般的な製造方法である高温高圧製法ではありません。150℃近くの熱を加えてしまうと、原材料から得られる本来の脂肪酸が流れ出してしまいます。流れ出した脂を補うために、製造工程で脂の吹き付けを行わなければなりません。ドッグフードを触ると脂っぽいのがその証拠です。
    ビルジャックは独自の『真空アミノヘルス製法』により74℃という低い温度で調理することができるため、原材料から得られる天然の脂肪酸を逃しません。
    原材料に動物性油脂や菜種油、大豆脂などが含まれていないのは、そのためです。

  • ビルジャックの良質なたんぱく質とは?

    ビルジャックの主要たんぱく質源は、新鮮な鶏肉と鶏の内臓です。ビルジャックの使用する鶏は、自社の専属養鶏場の鶏しか使いません。それは品質と安全をお客様にお約束するためです。
    一般的な方法である他社から原材料を仕入れた場合、どのような状態で飼育されていたのか、どのような手順でと殺されたのか、自社で管理することはできません。

    ビルジャックの鶏肉と鶏の内臓は、養鶏場から30分間チルド配送で工場に輸送され、すぐにドライフードとなります。ビルジャックよりも新鮮なたんぱく質を使用する会社はありません。
    また新鮮だからこそできる、ビルジャック独自の製造方法『真空アミノヘルス製法』により74℃という低い温度で調理することができます。一般的な高温高圧製法では、150℃近くの熱を加えるため、アミノ酸が熱変性を起こしてしまいます。ビルジャックの低温低圧製法は真空状態にすることでたんぱく質のアミノ酸を熱変性から守ります。だからこそ、ビルジャックには生肉の美味しさと栄養分が残っているのです。

ビルジャックの歴史

ビルジャックとはメイン写真
ビルジャックの歴史
ビル・ケリーと子狐 実家のキツネ達を世話しているビル・ケリー ビルジャックカー ビル・ケリーが1951年式サーカーに乗って
冷凍ドッグフードを配達していた頃の写真
人生においてほとんどの人が面と向かわなくてはならないもの。
それは自分自身で働くにしろ、誰か他の人について働くにしろ「自分はどう働きたいのか」「仕事でどう成長していきたいのか」というキャリアデザインをなすことです。
多くの人は、ビジネスを始めるために必要とされる資源を手に入れるのが困難であるなどの理由から、はじめからキャリアデザインを決定しようとしません。
しかしながら、50年前に、ペットフード会社を設立する強い意志と知識をもっていた2人の若者は違ったのです。

1940年前半、第二次世界大戦中、ケリー兄弟は軍隊で戦っていました。 数年後、オハイオの故郷へ帰った時、ビル・ケリーとジャック・ケリーは当時のペットフード市場のギャップを満たす製品を作成する機会をとらえました。
「私の父は、ペットフードマーケットを栄養という側面でとらえてみる新しい可能性を探っていました。」とは、Bil-Jac®の現在の社長にして共同設立者であるビル・ケリーの息子、ボブ・ケリーの言葉です。
「父は、消費者のニーズを汲み取って大きな改良ができるかもしれないと思っていたのです。」


1947年には、兄弟でBil-Jac®を設立しました。
会社名を思いつくのは容易でした。名前の最後のアルファベットを一字削って、そのふたつをくっつければよかったのですから。会社の初期の製品はBil-Jac®の冷凍のドッグフードでした。
「ちゃんと手間を掛け、製造の過程で損傷を与えないよう注意を払った新鮮な製品こそがペットフードとして最大最良のものである。」というのがケリー兄弟の信条だったのです。 従って、新鮮な肉だけが使用され、新鮮なうちに配達するために冷凍されました。「長い期間でも、それを保存することができるかもしれないし、必要なときには解凍して与えればいい」とケリー兄弟は説明していました。 ビジネス初日は3.5kgしか売れなかったという事実にもかかわらず、ほぼ30年間、その信条を貫き、Bil-Jac®ドッグフードは会社の唯一の製品として売れ続けました。
ドライフードを創る
ビルジャック製造場 1980年のビルジャック食品製造ライン ビルジャック熱心に勉強するビル・ケリー ビル・ケリーは愛犬家により良いドッグフードを提供することを決め、目標を達成する為、動物の栄養学、マーケティング、ビジネスを熱心に勉強しました。 ジェリージェロー氏 ゲリージェローとナポリタンマスティフ
(映画 ハリーポッターと謎のプリンスの撮影現場)
1970年代に、ビルは、顧客からドッグフードに関する質問をよく受けるようになりました。
「父は、なぜドライドッグフードがないのとかという質問をお客様からよく受けていました。そして私は何度も何度も父の答えを聞いてきたのです。」
「父は、冷凍食品と同じ質の製品を顧客に贈ることができると確信するまでは、ドライドッグフードを作るつもりがなかったと言いました。」前出、ボブ・ケリーの話です。 ビル・ケリーにとって特に重要なことは、ペットフード生産の中で使用される従来の肉の調理プロセスでした。 「ほとんどのメーカーは既に調理された肉からタンパク質を得ています。
また、できた製品がどのようにパッケージされ、どのように皆様の愛犬の食卓に並ぶかに注意を払っていません。」 ビルは、製造過程において、食肉製品を乾かすために使用される温度が非常に高く、栄養価が犠牲にされていることに注目し、なんとか解決したいと考え、そのプロセスを他人任せにするわけにはいかないと考えました。

10年の歳月が過ぎ、ついに、ケリー兄弟は、肉の栄養価を失わずに、食肉製品をドライフードにすることができるかもしれない、真空で肉を調理する製造法を開発しました。
「私たちは従来のおよそ半分の温度で調理することを可能にしました。」とケリー兄弟は発表しました。1980年中頃のことです。
製造法を確立し、Bil-Jac®は、セレクト、パピー、ライト、トリーツそしてドライキャットフードを取り揃えたドライペットフードのラインナップをリリースしました。
同様に猫に関しても、キトン、ライト、三つの味がするトリーツを取り揃えてリリースしました。
Bil-Jac®の評判を新たに高めたのはトリーツでした。

「私たちは、トリーツからBil-Jac®を知りました。」とカリフォルニア、レークフォレストにあるバード・アニマルズ・アンリミテッド社の設立創業者ゲーリー・ジェロー氏は言います。
バード・アニマルズ・アンリミテッド社は映画やテレビなどのエンターテイメント産業に向けて動物をコーディネートする会社です。 映画「101匹わんちゃん」、「バットマン・リターンズ」を代表とする動物を使うほとんどのハリウッド映画、ドラマなどにジェロー氏がコーディネートした動物たちが出演しています。
「私は、トリーツがBil-Jac®食品と同じくらいの栄養をもっているので、好んで使用しています。ジャンク食品を与えるのとはワケが違います。」
お客様の支持を得る
お客さま シーワールドのアニマルトレーナーである
ジョー・スレイブン氏と犬たち
ケリー兄弟は、Bil-Jac®が製品の広告や促進に多くのお金を使っていないことを認めています。
これは今日の企業の広告手法、マーケティング手法には、まるでそぐわない姿勢です。しかし、Bil-Jac®は、その実績で必ずしも広告にお金をかけなくともよいのだということを証明しています。
「私たちは製造工程にお金をかけます。私たちはそれで成功してきました。」「口コミは、時に出かけて行って、売り込んでくるより成果をあげるものだ。」

ブリーダーや、ペットショップそして一般のペットを愛するお客様方から口コミしていただける程の支持を得ることは、極めて重要です。 そこに達する一つの方法は、お客様にBil-Jac®製品を試していただく以外にありません。いくら宣伝をしても、有名にはなるかもしれませんが真の支持には達しないのですから。 「お客様に比較しながら、ペットフードを与えていただきたいのです。すなわち、Bil-Jac®チャレンジを受けていただきたいのです。」 Bil-Jac®チャレンジは、飲料会社などでよく行われるテストと同種です。どちらがどちらなのか分からないように用意された異なる二つの製品からよいと思うほうを選んでもらうあのテストです。
特別なのは、このテストがペットのためにあるということと自宅でやっていただくということです。手順は簡単です。
「皿を二つ用意して、一皿にはいつものペットフード。一皿にはBil-Jac®ペットフードを一食分用意し、食事の時間に、同じように置いておく。」それだけです。あとはペットが選ぶでしょう。


Bil-Jac®は、味がすべてではないと考えています。人間の食事でも同じように、よい味がするからといって、それがよいものであるとは限りません。 私たちBil-Jac®の焦点は常に、私たちの友であり、大切な仲間であり、家族であるペットたちの栄養上のニーズを満たす食糧を供給することでした。
私たちのゴールは最大のペットフード・メーカーになることではありません。
私たちのゴールは、今までもそしてこれからも常に、私たちが皆様の愛犬、愛猫のために全力を尽くすことです。

ビルジャックとは

ビルジャックとはメイン写真
65年以上の思いをビルジャック・ファミリーから全ての愛犬家の皆様へ
ビルジャックファミリー ビルジャックファミリー
創業者であるビルと兄弟のジャックは1947年、オハイオ州のメディナでドッグフードの製造を開始しました。その時から様々なことが変わりましたが、最も栄養のあるドッグフードを作るという、私達の誠実な思いは変わっていません。

私達は日々、養鶏場からの新鮮な鶏肉とバランス良く配合された健康な原材料を使ってドッグフードを製造しています。
新鮮な鶏肉を豊富に使うことで、Bil-Jac®の一粒一粒には、愛犬が大好きな、新鮮で肉本来のおいしい味が含まれています。
何より重要なことは、この新鮮なタンパク質が何百万頭もの愛犬の健康を支えていることです。

皆様の愛犬は私達の家族の一員です。だからこそ、私達は愛犬の健康と幸せをお約束します。皆様から送られてくる感激のお手紙や写真、喜びの声が届くたびに、ドッグフードを製造することは単なる仕事ではなく、私達にとって生涯にわたる使命として情熱を注いでいます。
皆様からのお手紙もお待ちしております。

全ての愛犬・愛犬家の皆様の健康と幸せのために The Bil-Jac-Family
ビルジャックとは
ビルジャック車 ビル・ケリーが1951年式サーカーに乗って
冷凍ドッグフードを配達していた頃の写真
愛犬は飼い主の皆様に多くの点で信頼を寄せています。この信頼に応える上で一番大切なことは、ちゃんとした栄養を供給することだとBil-Jac®は考えます。
Bil-Jac®ドッグフードは愛犬が必要とする栄養を細心の注意を払って調整し、同時に新鮮なおいしさも保っています。


ビルジャックの歴史について
必要な栄養素がバランスよく摂取されているという証拠
2007年ウェストミンスタードッグショー2007年ウェストミンスタードッグショーにて
BOB 受賞
Bil-Jac®を与えていますと、愛犬は輝きとボリュームをもった最高の毛並みをまといはじめます。
目に見えるかたちで、柔らかい肌と輝く目を持ち、活力に満ち、肉付きが変わってきます。
そして皆様が信じる信じないに関わらず実際、うんちに固さと黒みが増します。
これは必要な栄養素がバランス良く摂取されている証拠であると共に、Bil-Jac®の消化効率の高さを物語っています。
愛犬が本当に必要とする栄養を提供できるお肉を
鶏写真自社提携農場の新鮮な鶏のみを使用
愛犬もまた肉食、肉を食べる動物なのです。だからBil-Jac®は最も新鮮な肉のタンパク質を供給しています。牛では部位によってアレルギー症状が現れることがありますので私たちは、 精肉所を通じて皆様の食卓に並ぶのと同じ、新鮮で高品質の鶏肉を大量に用意するところからはじめます。 愛犬だけでなく私たちも食べることができる程の新鮮なものです。

Bil-Jac®は国際特許の(※)アミノヘルス製法を用い、低温度で製造することで、原料である新鮮な鶏肉から多量に摂取される栄養を損ないません。
つまり、大抵のドッグフードがその製造法のためにどうしても失ってしまう、熱に弱いアミノ酸などの栄養分や肉のうまみをBil-Jac®ならば逃がさないということです。 大抵のドッグフードは熱をかけ過ぎてしまうのです。Bil-Jac®が加えるのは適量のビタミンとミネラルだけです。 これは製造法の違いが原因なのでどうしようもないことなのです。

国際特許製法である(※)アミノヘルス製法により、Bil-Jac®は脂肪分を後から足す必要がありません。脂肪は原料の鶏肉から自然に出てきます。
Bil-Jac®の成分表に「脂肪」と書かれていないのはそのためです。新鮮な肉を原料としているので、あとから、溶かした脂肪を吹き付ける必要がないのです。

多くのペットフードは粗挽きに、粉末状のタンパク質を高温高圧の鋳型で押し出して混ぜ合わせます。その工程で脂肪分の多くは溶けて流れ落ちてしまいます。
脂肪が失われると食べ物の匂いや味がほとんどなくなり愛犬に食べてもらえなくなるので、仕上げの工程で脂肪を吹き付けなければなりません。
しかし、高温で失われるのは脂肪だけではなくアミノ酸などの栄養分も失われているのです。

Bil-Jac®の脂肪は最高品質です。高温にさらされず、肉本来のものだからです。
ご家庭の食事と同じで、素材の新鮮さと手間をかけた調理が最高の栄養とおいしさをもたらすのです。
スター犬御用達のドッグフード
ジェリーゲロー氏ゲリージェローとナポリタンマスティフ
(映画 ハリーポッターと謎のプリンスの撮影現場)
雑誌Good Dog! Magazineの記事
-雑誌Good Dog! Magazineの記事
「有名犬は何を食べているか?」の記事より
ハリウッド映画やテレビドラマに出演する犬たちやドッグショーチャンピオン達のあいだで御用達なのがBil-Jac®です。
ディズニー映画出演のスター犬、ユニバーサル スタジオで活躍のスター犬、アメリカテレビ番組のスター犬をトレーニングしている有名なゲリー・ジェロー氏は次のようにBil-Jac®を認めています。

「私は30年もの間、動物の訓練を仕事としてきました。そんな私はあらゆる種類のドッグフードを試しているわけです。Bil-Jac®は違いが出ます。だから私はこれを使用しているのです。」
Bil-Jac®は年齢層別に最適な新鮮なタンパク質を与えます
犬写真犬種・年齢にあわせたフードをご提案
どんなペットも生まれてから死ぬまで全く同じ栄養を必要としているわけではありません。 愛犬も年齢層が違えば、必要なタンパク質、脂肪、塩分等が違ってきます。
年齢層にあわせた栄養を与えなければなりません。

それぞれの年齢の必要性に適したフードとトリーツをBil-Jac®はラインナップしています。
全犬種用の「パピー(幼犬用)・セレクト(成犬用)」
小型犬用の「スモールブリードパピー(幼犬用)・スモールブリードセレクト(成犬用)」
大型犬用の「ラージブリードパピー(幼犬用)」・ラージブリードセレクト(成犬用)」
肥満犬用の「リデュースファット(肥満犬用)」
高齢犬用の「シニア(高齢犬用)」
からあなたの愛犬に合ったフードをお選びください。
また、大好評のトリーツシリーズもお試し下さい。
※国際特許のアミノヘルス製法
ビルジャック写真 ビル・ケリーと三人の息子。
左からボブ、ビル、レイとジム・ケリー
「アミノヘルス製法」とはケリーフーズが独自に開発し、国際特許を取得した調理法です。

通常では138~149℃と高温・高圧で行われる調理を、製造時の気圧をコントロールすることにより約半分の74℃で調理する事ができます。
これにより熱に弱い栄養素・アミノ酸の変質を抑えて調理をすることが可能となりました。
調理の過程で栄養素を損なわずに調理する事が出来る唯一の製造法なのです。

ネットショップ大賞

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

祝日の発送は行っておりません。

通常ご注文日の翌営業日以降の発送となります。

お急ぎのご注文には対応し
かねる場合がございます。

ご注文の際、お時間に余裕を持ってご注文お願い致します。

QR

ページトップへ